金融経済イニシアティブ

山本謙三のコラム・オピニオン

山本謙三による金融・経済コラムです。

IoTは世界経済、日本企業をどうつなげるか ~トランプ政権の影響は?

2017.03.01

深化するグローバル・バリュー・チェーン

グローバル・バリュー・チェーンの深化が進む。その原動力は技術革新だ。

まず、90年代、情報通信技術の革新が起こった。インターネットの進化、普及に伴いネットワークが拡大し、通信コストが低下した。画像も鮮明に送れるようになった。

盛り上がる大阪 ~なぜ大阪市は快調な人口流入が続くのか

2017.02.01

政令指定都市1、2を競う大阪市への人口流入

大阪市への人口流入が快調だ。同市の人口は2001年に転入超に転じたあと、2000年代後半は政令指定都市中3~4番目の転入超を続けた。それが最近2年間は、札幌市やさいたま市と1、2を競う転入超数となっている(参考1参照)。

銀行はなぜ協業(アライアンス)に向かうのか ~フィンテックを有効に活用する非金融業に、銀行はどう対抗するか。

2017.01.04

通信業に似る銀行業~~コンテンツの提供に向かう通信業

銀行業を取り巻く環境は通信業に似てきた。本業である通信や決済の領域で収益水準の維持が難しくなり、他業との協業(アライアンス)で新たな収益源を摸索する動きが続く。

通信業は、通信の自由化とデジタル化の進展をきっかけに、ビジネスモデルを大きく変えてきた。通信料金が低下し、重点を、通信への課金からコンテンツの一体提供による視聴料金の確保に移しつつある。

人口減少の何が問題で、何を問題視すべきでないのか ~60年後の日本の人口は、今のどの国と同じか

2016.12.01

「少ない人口」は(国民一人当たりの)経済成長の阻害要因ではない

人口の減少は、日本経済が克服すべき課題である。しかし、人口減少の何が問題かは十分に見極める必要がある。

「人口減少は経済成長を阻害する」との見方がある。これを一国の国内総生産(GDP)全体の問題と捉えれば、人口の減少はたしかに成長率の押し下げ要因となる。就業者の減少が避けられないとすれば、経済全体のパイを従来と同様のペースで拡大させることは難しい。

財政赤字の拡大は、企業の投資不足が原因ではない

国民経済計算(GDP統計)に「制度部門別の純貸出 / 純借入」がある。以前、「部門別貯蓄・投資差額」と呼ばれていたものに相当する。

近年の一つの特徴は、企業部門(非金融法人企業)の純貸出(=貯蓄超過)が高水準を続けていることだ(参考1)。その規模は、2000年代初め以降、家計部門を上回り続けている。この姿を眺め、企業の慎重な設備投資姿勢を批判する声は多い。

地方は消滅しない ~「消滅可能性都市」の行方と日本経済

2016.10.03

「消滅可能性都市」とは

一昨年、日本創成会議(以下、「創成会議」)が公表した「消滅可能性都市」の試算は、大きな反響を呼んだ。「消滅可能性都市」のほとんどが地方部の市町村であったため、地方消滅への危惧が高まり、その後の地方創生論へとつながった。

創成会議が試算する「消滅可能性都市」とは、次のようなものである。

なぜ「東京一極集中」論はミスリーディングなのか ~総務省「人口動態調査」が示唆する本当の姿

2016.09.01

東京一極集中が止まらない?

以前、最近の人口動態の特徴は、東京(圏)一極集中でなく、中核4域7県への凝縮にあると書いた(2016年2月「ITが人口の大都市集中を加速させる」参照)。中核4域7県とは、東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)、愛知、大阪、福岡である。

しかし、総務省が7月に公表した「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査」(以下、「人口動態調査」)では、多くのメディアが「東京一極集中が止まらない」と報じた。

地方銀行の預金はなぜ鈍ってきたのか? ~タンス預金か、人口動態の変化か

2016.08.01

対照的な地域金融機関と都銀の預金動向

昨年度の後半から、地域金融機関の預金の伸び鈍化が目立つ。

預金残高の前年比(以下同じ)は、地方銀行、第二地方銀行、信用金庫、信用組合のいずれも、低下に転じた。たとえば地方銀行は、昨年秋を境に、それまでの3~4%前後から足許2%前後まで低下している(参考1)。

都銀が、法人預金中心に十数年ぶりの高い伸びを示しているのとは対照的だ。

海の日も、山の日も ~祝日は増えるばかりでよいのか?

2016.07.01

「国民の祝日」数は世界のトップクラス

今月の「海の日」(7月第3月曜日)に続いて、本年からは8月11日(「山の日」)が国民の祝日となる。国民の祝日はこれで年間16日だ。

日本は国民の祝日が多い。米国の年間10日、カナダ11日、英国8日、ドイツ9日、フランス11日をはるかに凌ぐ(日本貿易振興機構HPより、振替休日はカウントせず)。インドやコロンビア(各18日)のような国もあるが、世界のトップクラスにあることは間違いない。

3 / 712345...>>