金融経済イニシアティブ

山本謙三のKYな話

山本謙三が書き綴った四方山話です。

「ヒット」ってなぁ~に? ~わが野球ファン遍歴

2022.05.06

小さい頃から、ソフトバンクホークスのファンである。

正確には、南海ホークス→ダイエーホークス→ソフトバンクホークスのファンだ。

 

なぜそうなったかは、分からない。

聞かれれば「福岡生まれだから」と答えるが、嘘である。

当時の福岡は、西鉄ライオンズの牙城だった。

 

物心がついた時には、すでに南海ホークスのファンだった。

幸い、妻と長男もホークスファンである。ひとり長女は「われ関せず」だ。

 

勝つか負けるか

 

球場での観戦は、シーズン初めに限る。

その頃であれば、優勝への期待に胸躍らせて応援できる。

 

敵の球場ながら、自宅はロッテのマリーンスタジアムに近い。

今年も、早速出かけることにした。

妻は用事があり、一人での観戦となる。

 

妻「本当に行くの?」

私「もちろん! 平日の昼に野球を観にいけるなんて、年寄りの特権じゃないか」

妻「いや、そうじゃなくて」

私「あ、そうか、すまんな。あなたの分もしっかり応援してくる」

妻「いや、そうじゃなくて。。。やめた方がいいんじゃない?」

私「ん? なぜ?」

妻「あなたが応援にいくと、負けるからよ!」

私「えっ!?」

妻「〇〇の時も、△△の時も負けた、いつも負けてる」

私「そうだっけ? 勝ったこともあるにはあるぞ」

妻「ほら、ほとんど負けてる」

私「ジンクスとは破られるためにあるのだ」

妻「いつもゲン担ぎしてる人に言われたくないね」

私「ん~、個人の意見として聞いておく」

妻「気づいてないかもしれないけど、今、私は日本全国すべてのホークスファンの期待を背負って、あなたに話しているのだ」

私「うっ」

 

それでも、結局、妻に車で送り迎えをしてもらい、観戦を強行した。今日は、珍しく勝った。首の皮一枚つながった。

 

ファウルボール

 

以前、パリーグの試合は観客席がガラガラの時もあった。

シーズン終盤、CS進出のかからないチーム同士の対決は、とくに閑散としていた。

若いカップルにとっては、格好のデート場所だったようだ。

 

25年ほど前、長男(小2)を連れて東京ドーム(内野席)に出かけた。

その日も観客席は空いていて、2列前には、若いカップルが楽しそうに観戦していた。

 

と、すぐ近くにファウルボールが。

 

とっさに立ち上がった。

が、ツーバウンドしたボールは、カップルの男性の手中に収まった。

 

 

長男、無邪気に話しかけてくる。

長男「ねぇねぇ、お父さん、あのボール、どうなるんだろ?」

私「たしか、そのままもらえると思うよ」

長男「そっか、惜しいことしたね、もすこしだったのにね」

私「人生は、惜しいことの連続なのだ」

長男「あ~残念、帰ってお母さんに見せてあげられたのにねぇ」

 

当人は全く悪気がなかったが、よく通る声だった。

 

と、件(くだん)のカップルの男性、後ろを振り返って。

男性「ぼく、このボールあげるよ」

私「あ、いえいえ、それは。。。」

長男「あ、ありがとうございます!」

私(ん?)

男性「はい、どうぞ」

長男「家宝にします」

男性・女性(苦笑)

私「どぅも、すみません」

男性「どういたしまして」

長男「ほんとうに、ありがとうございます」

私(こやつ(息子)、なかなかやるな)

 

そのボールは家宝として、長らく長男の本棚に飾られていた。

 

「H」はヒットだが、、、

 

以前、妻とマリーンスタジアムに出かけた。

今度は、すぐ後ろに若いカップルがいた。

 

自然と、会話が耳に飛び込んでくる。

女性は野球にあまり詳しくないようだ。

 

女性(スコアボードを見て)「ピッチャーのところに書いてある数字って何?」

男性「あ~防御率ね、ピッチャーがどれだけ点をとられたかを示している」

女性「ふ~ん、ずいぶん、大きな数字ね」

男性「1イニング当たりどれだけ点をとられたかだから、大きな数字は良くない」

女性「ふ~ん」

 

女性「あの1塁の後ろにいる人、だれ?」

男性「ん?走塁コーチ」

女性「ふ~ん、何する人」

男性「うん、ランナーに色々とアドバイスをする人」

女性「必要?」

私(おぉ、なかなかいい質問ではないか)

男性「うん、牽制球とか、いろいろとピッチャーのクセを教えたりしてる」

私(ん~「どちらかといえば、必要ないかもしれない」ぐらいの答えがほしかったな。)

 

いかん、いかん。会話が気になって、試合に集中できないではないか。

と、ヒットを打たれた。

 

女性「あれ?いま、Hってランプがついた」

男性「あぁ、ヒットのHだね」

女性「ふ~ん、、、、、、ヒットってなぁ~に?」

私(ガクッ)

 

私は、思った。

ヒットも知らんのなら、デートは別の場所にしてはどうか。

これは、年寄りのひがみなのか??

 

(イラスト:鵜殿かりほ)

 

 

小中学校で何を教えるかは、いつも難しい。

なんといっても「三つ子の魂百まで」である。

 

生きていくための知識と知恵が必要だ。

しかし、内容は常に上書きされねばならない。

四半世紀近くも前の話である。

今では信じられないことだが、休日も、手空きの時間に自宅で仕事をすることがあった。

 

当時の仕事の一つは、講演原稿や挨拶原稿の初稿を起案することだった。

 

原稿の作成ツールが、文書専用のワープロ(ワードプロセッサー)から、Windows 3.1搭載のパソコンに切り替わった頃の話だ。インターネットや電話回線を通じた外部接続などはなく、情報流出の懸念もなかった。

毎年、正月が来ると不思議に思い、明けると忘れてしまうことが多い。

伝統行事への知識不足がなせるわざなのだろう。。。

 

例えば、初夢の「一富士二鷹三茄子」だ。

 

私はこれまで、「いやぁ、とうとう富士山の初夢を見ちゃいましてね」という人に、出会ったことがない。「宝船の絵を枕もとに忍ばせておいたら、ついに鷹を、、、」という人にも、だ。

 

そもそも夢は、そんなに都合よく見られるものなのか。

30年以上前の話である。

 

初産に当たり、妻が産院を決めてきた。当時の自宅から、車で20分ほどの大きな病院だ。

 

妻「ものは相談なんだけどね」

私「うん」

妻「この病院、立ち会い出産ができるらしいのよ」

私「ん?立ち会い?誰が?」

 

25年ほど前。

わが家の子どもたちのNY生活は、現地校での9月新学期から始まった。

 

子どもも親も、慣れるので精いっぱいだ。

 

ようやく落ち着き始めた10月半ばのこと。

その情報は、同級生の母親からもたらされた。

「10月末のハロウィンは、学校で仮装して、生徒が街中を練り歩くのよ」。

 

エッ、仮装?

街中を練り歩く??

 

多くの家庭は近くのスーパーや玩具店で安物を買い、子どもたちを変装させるという。

 

生徒も先生も、毎年、早くから準備しているようだ。

ニューヨーク近郊には、多くの小動物が生息している。

 

ニューヨークと聞けば、すぐに思い浮かぶのはマンハッタンの摩天楼だろう。

しかし、電車で30分も行けば、森や丘、海に恵まれた自然がある。

 

マンハッタンの北東、ウエストチェスター郡もその一つだった。

木枝をリスが駆けめぐり、庭には野兎が挨拶にやってきた。

 

先輩からはじめに注意されたのは「高速道路ではスカンクに気を付けよ」だった。

子、曰く(いわく)

 

十有五にして学に志ざす。

30にして立つ。

40にして惑わず。

50にして天命を知る。

60にして耳順う(したがう)。

70にして心の欲するところに従えども、矩を踰えず(のりをこえず)。

 

続・論語

 

孔子の教えである。

 

孔子は、紀元前552年に生まれ、紀元前479年に74歳で没したとされる。

当時としては、かなりの長命だろう。

 

「70にして矩を踰えず」と悟ることができたのも、長生きのおかげである。

世の中は貼り紙だらけだ。それだけ、思いも寄らぬ行為があとを絶たないということなのだろう。

 

駅構内の貼り紙

 

以前、JRの駅の構内で「トイレ内での 長時間滞在及び飲食は  お断わりします」という貼り紙を見つけた。

 

「滞在」の2文字がやけに頭に残った。貼り紙を作る際には、どんなやりとりがあったのだろうか。

1 / 512345