金融経済イニシアティブ

歳をとるということ

2019.06.15

 

50歳を過ぎたころ、妻から映画に誘われた。

 

一体、どうした風の吹き回しか。

尋ねてみると、「あなたが来れば、夫婦50割引が使えます」という。

「では、夫婦50割引がなければ、どうしたのか」と尋ねると、「もちろん、レディース・デイに一人で来ます」と。

 

ふ、不愉快な、、、と小声でつぶやく。

 

温泉

珍しく妻と娘と3人で旅行に出かけた。

 

ホテルは温泉地ではなかったが、40分ほど電車に乗れば、有名な温泉がある。

妻が雑誌で、日帰り入浴のできる温泉宿を探してくる。「女性に人気の宿」だという。

 

殿方用の戸をあけて、びっくり。

精々2人が入れる湯船と、1人しか浸かれない湯船の二つしかない。一体、どうしたことか。

 

とてもゆっくりできない。

そそくさと風呂をあとにする。

 

その後、待つこと40分。ようやく妻と娘が上がってきた。

尋ねると、「とても、いい風呂だった」という。

 

ん?

 

どうも、「女性に人気の温泉」とは、ご婦人用の湯船だけが大きいようだ。

たしかに、高齢化社会は女性の方がはるかに数が多い。

 

夜の会

そんな私も、ついに高齢者の仲間入りを果たした。

 

高齢者は、懇談会の始まりが早い。

若い頃は19時スタートが当たり前だったが、今では18 時スタートでも遅いくらいだ。

 

「なんなら17 時からでもいいぜ、ただし、19時にはお開きだ」というのが、われら高齢者の感覚である。

 

ある時、学生時代のクラス会に出席するため、勤務先で時間をつぶしていた。

会合のスタートは18時半。

待ちきれずに18時10分にオフィスを出た。

 

が、2分後には会場に着いてしまった。

会場は、たまたま道を隔てた向かいだった。

 

こりゃ、やっぱり早すぎだ。

誰か先に来ていてくれればいいが、、、と思いつつ、会場をのぞくと、すでに半数以上が集まっていた。

 

高齢者は、そんな人種である。

 

大事にされる人

歳をとると、大事にされる対象が変わる。過去の社会的なステータスや知名度は関係がない。

 

大事にされる一番手は「クラス会の幹事」だろう。名簿の改訂や会場の予約を引き受けてくれるのは有難い。

 

心理学によれば、他人の印象は、過去の記憶でなく、直近の出来事で決まるという。

ならば、歳をとってから引き受ける幹事は、結構、コスト・パフォーマンスがよい。

葬式のときに、「あいつは、いい奴だった」と言ってもらえるかもしれない。

 

だが、歳をとってからのクラス会は、次第に他界者が出る。みんなの記憶にとどまる時間は、存外、短い。

このあたりの兼ね合いが、なんとも難しい、、、。

 

 

(イラスト 鵜殿かりほ)